パパとRE-tech起業と不動産運営と

25歳から10年以上大家してます。6棟購入⇒4棟売却済。郊外築古APから都内新築へシフトしてます。1年前から専業大家に転身し1年間、3人の子供と世界一周してきました。現在は不動産テックで起業準備中です。起業準備と不動産運営の合間に感じたことや気づいたことをまとめていきます。

大家クラスタはBlogで情報発信し、株クラスタはTwitterで情報発信する不思議。

==【緩募中です!】=====================

現在、大家さんが手軽に使える空室対策の無料サービスを開発中です。

peraichi.com

こちらのページから事前登録およびテストユーザー応募できますので、
ぜひ使って頂いて、感想頂けたら嬉しいです!

 ===============================

 

7月下旬からコツコツ書き始めた当ブログ、一日の来訪者はまだ10人前後。

試行錯誤しながら来訪者数を広げていければと思い、アクセスUPのために健美家ブログに登録してみました。

https://www.kenbiya.com/blog/c1=1/paparere/

 

過去記事をまだ読み込み切れてないですが、、少しでも流入増えると嬉しい。。

 

また、大家さん界隈はあまりTwitterは盛んではなさそうですが、Twitterでも呟き中です。(よければフォローお願いします!)

twitter.com

 

まずは8月末くらいに今の10倍程度、毎日100人に訪れてもらえるようなブログを目指すべく頑張ります。

 

大家クラスタはBlogで情報発信し、株クラスタTwitterで情報発信する不思議。

ところでふと気づいたのですが、大家さん関連のTwitterって、フォローしようと思ってもあんまり見かけないんです。見渡しても、積極的な情報発信者はあまりいない感じです。(有名な垢はあっても、割と面白系というか暇つぶし系な印象。)

 

株投資家界、いわゆる株クラスタの人達はほとんどTwitterメインで投資活動の情報発信しているのに対し、大家さんは影響力のある人達はほとんどブログでの情報発信。

ほんとびっくりするくらい生息地が違うんです。

 

投資家によって最適な情報発信ツールは違ってくる。

 

なんでだろうと考えたのですが、株投資家にとっては、今この瞬間にどの銘柄が盛り上がっているのかなど、場が開いている時間帯のリアルタイムな情報が重要で、Twitterのような即時性の高いタイムライン形式がニーズにあってます。また「どの投資家」が「どの銘柄」を「どういう判断材料」で「買った」「売った」のか、みたいなシンプルな情報が基本なので、文字制限があるTwitterでシンプルに流し読みしていくのが相性が良いのかなと。

 

不動産投資家は逆で、リアルタイムな情報発信は必要とされませんし、情報発信の内容も、保有物件の紹介や悪戦苦闘記、それから物件探し/資金調達/管理委託/修繕/運営/売却などの各種運営ノウハウまで非常に多岐にわたります。固有性も高く背景説明もしないと共有しづらいので、思う存分かけるブログが最適になります。

 

クラスタは「駆け引き」目的、大家クラスタは「助け合い」目的

そもそも前提として、情報発信のスタンスがだいぶ違うというのも大きいですね。

クラスタでは、他投資家すべてが取引の向こう側に立つ可能性が高いため、思惑やはめ込み、扇動などのポジショントークが横行しがち。もちろん、純粋に投資知識や技術の共有をしてくれる方々も多くいますが、そういう場合はやはりブログがメインになりますし、Twitterはむしろポジショントークを前提とした市場外での駆け引きのためのツール、という感覚で皆利用している印象です。

 

それに対して大家クラスタは、そもそも同じ物件はひとつとしてなく、投資対象がかぶらない(物件探しのときにかぶってしまうことはありますけど。)こともあり、他の投資家はライバルというよりも知見を共有できるよき学び相手といえます。

不動産は購入→売却までのサイクルが非常に長期で、経験する場数も限られます。なので、危機的状況が発生した場合の対処方法を自己経験から学習し対応するよりも、他の方の知見や経験談を積極的に学習して対策を取ることが個人にとっても全体にとっても良い選択となり、ブログを通じて積極的な自己知見の情報発信を通じ、互助的なつながりを求めていくのだと考えます。

 

 

 

もちろん不動産投資においても嵌め込みや煽り系の人たちもいるけど、ほとんどのブログは大家さんの良心で成立していると思いますし、私はそんな大家クラスタの性質は本当に素敵な要素だなと感じている次第です。