パパとRE-tech起業と不動産運営と

25歳から10年以上大家してます。6棟購入⇒4棟売却済。郊外築古APから都内新築へシフトしてます。1年前から専業大家に転身し1年間、3人の子供と世界一周してきました。現在は不動産テックで起業準備中です。起業準備と不動産運営の合間に感じたことや気づいたことをまとめていきます。

いわゆる「ワケあり物件」「事故物件」をWEBで探し出す意外な方法

テレビで生「大島てる」を目撃。

夜、妻と娘がリビングでキャーキャー言いながらテレビを見ていたので、何事かと思いふと見ると、「最恐映像ノンストップ5」という番組がやっていました。

 

番組内ではいわゆる事故物件ツアー中で、あの「大島てる」を運営している大島さんが同行するという企画をちょうどやっていました。

 

 生大島さん、初めて見た(゚∀゚)。

 

やはり、こういうワケあり物件みたいなネタは皆、興味があるのか、家族も興味深々に見ています。

 

テレビ見ながら、久しぶりにサイトも見てみました。

自宅近くを調べると結構事故物件が散見されます。
事故物件というのは世の中にたくさんあるんだということを思い出させてくれます。

 

www.oshimaland.co.jp

 

しかし、ワケありな分家賃は安いということで、こういう物件に住みたいという奇特な人も世の中には一定数いるはず。ところが中々こういう物件を探すのは大変です。基本、店舗に行って聞くしかない、そう思われている人も多いはずです。

 

そこで、今日はあまり知られていないですが、こういう事故物件の手軽な探し方を2つばかしお教えします。

 

事故物件は、どうやって探したらいい??

UR賃貸住宅の特別募集住宅

有名なのは、UR賃貸住宅のサイト内にある、心理的瑕疵がある部屋だけを明示して(特別募集住宅といいます)募集ページ。

www.ur-net.go.jp

 

UR賃貸住宅に限られるのですが、割と人気があり、立地の良い物件であればすぐになくなってしまう激戦になりがち、だそうです。

①賃貸ポータルサイトで「フリーワード」検索

UR賃貸住宅以外でそういう物件を探すのは結構骨が折れます。

SUUMOとかHOMESとかで簡単に探せられれば、、、というのはありますが、まさかそんな検索項目などあるはずもなく。

 

しかし、少しの機転で、それ系の物件を抽出することは可能です。

 

実は賃貸ポータルサイト内にはフリーワード検索機能があるので、そこで「告知事項あり」、もしくは「心理的瑕疵」で検索すれば良いのです。

(告知事項がある物件は、サイト紹介で明示しないとならない決まりがあるのです)

 

f:id:paparere:20170809000404p:plain

 

上記は関東圏の賃貸物件を「告知事項」で探しているのですが1000件以上ヒットします。東京都だとだいたい500件程度。

 

各物件をキャプチャーするのもしのびないので、詳細は下記URLからご覧いただければと思いますが、意外とたくさんあるなーと。

suumo.jp

 

都内でも郊外物件であればホント激安価格が並びます。2万円台とかザラ。

ただ、都心の方だと、そこまで安い!!と膝を打つ物件は少なめな気がします。

新宿で10件。安ければ3、4万円という感じでしょうか。

suumo.jp

それほど事件性のない物件(病死等)も含まれているのか、割とそこまでリーズナブルな物件は少ないな、、と。

 

以上、プチテクニックでした。